Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  肩こりにならないために

スポンサードリンク

肩こりにならないために

体の筋力が低下していると肩こりを起こしやすくなります。体操やきつすぎない運動やストレッチをして筋力を付けるようにし、簡単に疲労しないしなやかな筋肉をキープしましょう。

正しい姿勢をずっと保持するためには充分な筋力がなくては疲れてしまって続けられませんので、筋力の保持はとても重要といえます。

また長時間同じ姿勢でのデスクワークや同じ筋肉しか使用しない単純反復作業の場合、定期的に伸びをしたりストレッチ体操などをして、全身の筋肉を満遍なく動かして血行を促進させましょう。結構が滞ったままにしておくと肩こりの原因になってしまいます。

肥満で腕自体の重みが増すと肩の負担が増えて肩こりになりやすい上に、背骨への負担や姿勢悪化などに繋がりがちです。毎日のバランスの良い食生活と適度な運動を心掛けましょう。

ストレスは交換神経を刺激して肩こりを引き起こす原因となりますので、ストレスを溜めずにうまく発散できるようにしましょう。






スポンサードリンク

 <  前の記事 肩こり予防に  |  トップページ  |  次の記事 緊張型頭痛(肩こり頭痛)対策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/317

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト