Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  頭痛の種類<緊張性頭痛>

スポンサードリンク

頭痛の種類<緊張性頭痛>

頭痛は風邪の時以外にも、歯痛、目の疲れ、首・肩こり、睡眠不足、その反対に寝過ぎたとき、二日酔いなどで頭が痛くなりますね。

頭痛は片頭痛、緊張性頭痛、血管障害に伴う頭痛、外傷に伴う頭痛などに分類することが出来ますが、一般的に緊張性頭痛が多くみられる頭痛のタイプです。

緊張性頭痛の特徴は頭が重く鈍い痛みがあることです。後頭部の下から首、肩にかけて筋肉が硬くなったり凝りを感じたり、側頭部や目の奥が痛むなどの症状があらわれることもあります。

緊張性頭痛の原因はさまざまですが、頭を下げた姿勢を長時間続けることも大きな原因のひとつです。

緊張性頭痛が起きるということは、首や肩の筋肉や筋膜が緊張状態になり、血流が阻害されて血液が充分に供給されなかったり、乳酸などの疲労物質が排出されずに貯まってしまい、周囲の神経を刺激して頭痛となります。

脳血管の疾患、眼の疾患、耳、鼻の疾患、怪我など、頭部に起きる疾患の初期症状としても頭痛が見られますので、たかが頭痛と軽く見ては危険です。専門医での診断が必要な時もありますので気をつけましょう。






スポンサードリンク

 <  前の記事 肩こり対策  |  トップページ  |  次の記事 肩こり予防  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/325

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト