Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  慢性頭痛はどうして起きる?

スポンサードリンク

慢性頭痛はどうして起きる?

頭痛はそれほど珍しくない、比較的誰にでも起きる症状ですが、どのようにして頭痛が起こるのでしょう?

頭痛は脳そのものが痛みを感じているわけではなく、脳の血管の拡張や炎症、脳の周囲の筋肉のこり、脳内の圧力の変化といったさまざまな原因で起きます。

慢性頭痛の片頭痛では、ストレスなどさまざまな誘因で脳が刺激されると、血液成分である血小板から血管を収縮させる作用をもつセロトニンが大量に放出されるとされています。その結果、脳の血管が収縮して、時間の経過とともにセロトニンが分解され、排泄されて減少してくるにしたがって一度収縮した血管が逆に拡がりはじめるために頭痛が起こるメカニズムであると言われています。

脳から伝えられた刺激は、血管のまわりにある三叉神経という神経を刺激します。そして血管を拡張させる作用をもつさまざまな神経伝達物質が分泌されます。その結果、血管が拡がって血管の回りに炎症が起こり、感覚神経を刺激して頭痛が起こるという説もあります。

どちらにしても頭痛の起きるメカニズムにはセロトニンと三叉神経が深く関わっているといえます。






スポンサードリンク

 <  前の記事 頭痛の種類には何がある?  |  トップページ  |  次の記事 緊張型頭痛の起こる原因  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1963

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト