Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  偏頭痛の特徴とは?

スポンサードリンク

偏頭痛の特徴とは?

偏頭痛はとても良く聞く病名です。偏頭痛は男性よりも女性に多くみられ、10〜20歳代で始まることが多い頭痛の一種です。

片頭痛の特徴としては、脈と同じようにズキンズキン、ガンガンとした痛みですが、特に原因となる病気があるわけではないのに頭痛が起きます。

また発作的に起こり激しく痛むこともあります。偏頭痛は一般的に20代〜50代の女性に多く見られる頭痛で、左右どちらかが痛みます。

片頭痛の痛みは数時間から数日間続くこともあります。頭の片側のこめかみから目にかけて痛むことが多く、中には頭の両側や後頭部が痛む場合もあります。
なかなかつらい症状ですが、原因となっている病気がないので対処は痛み止めの薬を飲んで休養をとります。

また偏頭痛には首や肩のこりを伴うことが多くみられます。頭を振ったりからだを動かすと痛みが強くなったり、痛みの激しい時には吐き気や実際に吐くことがあるほどになります。偏頭痛が起きる頻度は大体月に1〜3回程度で、ひとたび起こると4時間〜3日間くらい続きます。

偏頭痛に悩まされている人も多いですが、過労、睡眠不足に陥らないようにして、できるだけ頭痛が起きないようにしたいものです。






スポンサードリンク

 <  前の記事 群発頭痛の起こる原因  |  トップページ  |  次の記事 偏頭痛対策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1966

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト