Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  頭痛の種類<原因のある頭痛>

スポンサードリンク

頭痛の種類<原因のある頭痛>

頭痛の中でも原因のある頭痛があります。脳血管障害に伴う頭痛にはくも膜下出血などの疾患による頭痛があります。この場合の頭痛は突然の激痛で始まることが多く、致命的な重篤な疾患です。一刻を争いますので、突然の激しい頭痛が起きた際にはすぐに医療機関を受診する必要があります。早く処置をすれば大事に至らないことも多いということです。

脳血管障害以外の頭蓋内疾患による頭痛脳腫瘍や髄膜炎などに伴う頭痛もあります。脳腫瘍の場合の特徴は、頭痛・嘔吐・うっ血乳頭(眼の底のむくみ)などです。髄膜炎は風邪を弾いた時に起こりやすく、発熱を伴います。

原因物質による頭痛は、頭痛を起こす原因物質のアルコール、食品添加物の亜硝酸塩やグルタミン酸、一酸化炭素、カフェインなどを、摂取したり、アルコールの場合は抜ける時に起こる頭痛です。

頭部以外の感染症に伴う頭痛として、風邪や細菌感染症に伴う頭痛があります。ウイルスなどから体を守る自己防衛昨日を働かせるため、発熱や頭痛が起こります。
このような症状は身体がウイルスと戦いやすくしてウイルスを撃退しようとしているので、薬で症状を抑えるよりも、安静にして自分の身体の抵抗力をマックスにして自力で治す方が大切です。






スポンサードリンク

 <  前の記事 頭痛の種類について  |  トップページ  |  次の記事 頭痛の種類  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1969

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト