Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  肩こりになる原因

スポンサードリンク

肩こりになる原因

肩こりは筋肉のこりの一種ですが、肩こりは主に運動不足や悪い姿勢が原因となって起こります。それは運動不足になると筋肉が衰えるからで、筋肉中の血管が圧迫されて血液の流れも悪くなります。すると身体の中を流れるリンパ液の流れも悪くなり、血液で運ばれるべき栄養や酸素、リンパ液で排出されるべき老廃物の流れも悪くなり滞って疲労物質も排出されずにたまってしまうからです。

筋肉の中にこの老廃物がたまると筋肉が硬くなり、それが凝りと呼ばれるつらい症状になります。肩の筋肉が硬くなった状態が肩こりというわけです。

肩こりは、重い頭を首から肩甲骨の筋肉だけで支えている負担が大きいからとも言われています。重量のある頭を肩と背中の筋肉で支えています。特に背骨はS字にカーブしてうまく重みを分散しているのですが、姿勢が悪くて背骨が曲がってしまうと、頭の重みをうまく分散させられないので重みがかかって大きな負担になってしまうのです。

猫背や不自然で無理な姿勢が続くと、肩、首、背中の骨や筋肉に負担がかかって肩こりや腰痛になってしまいます。肩こり対策には血液循環を良くする必要があります。肩こり解消のためにも運動と正しい姿勢がとても大切です。






スポンサードリンク

 <  前の記事 肩こり予防のコツ  |  トップページ  |  次の記事 腰痛マッサージって効果的?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1972

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト