Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  椎間捻挫(ぎっくり腰)は腰痛の一種

スポンサードリンク

椎間捻挫(ぎっくり腰)は腰痛の一種

椎間捻挫は一般に「ぎっくり腰」と呼ばれている腰痛です。ぎっくり腰はごく普通に生活していても、突然襲ってくる腰の激痛です。ぎっくり腰は「魔女の一撃」とも呼ばれるほど激しい腰痛です。

椎間捻挫(ぎっくり腰)は内臓疾患による痛みではなく、腰椎部分の筋肉の炎症や疲労が原因となる痛みです。軽度の椎間捻挫(ぎっくり腰)であれば普段の生活に多少の支障をきたす程度ですが、重度の椎間捻挫(ぎっくり腰)になると腰を曲げる事はおろか、寝返りも打てないくらいの激痛で日常生活に支障が出ます。

椎間捻挫(ぎっくり腰)では特に初日に激しい腰痛を感じ、その後は少しずつ痛みが軽くなっていくのが一般的です。腰痛は突然襲ってくる激しい痛みで時には、動くことも出来ないほどの耐え難い痛みや、痛みが慢性化してしまう場合もあります。

特に日常生活の中で気をつけるのは、重たい荷物を立ったまま急に持ち上げる動作や、咳やくしゃみをした反動、急に体の向きを変える動き、立ち上がった瞬間、背伸び、急な運動などです。






スポンサードリンク

 <  前の記事 腰痛や肩こりの原因とは?  |  トップページ  |  次の記事 椎間関節性腰痛症について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1979

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト