Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  椎間関節性腰痛症について

スポンサードリンク

椎間関節性腰痛症について

椎間関節性腰痛症は朝は腰が痛くて起き上がれない程なのに、昼間体を動かしている内に痛みが和らぐことが特徴の腰痛の一種です。

椎間関節性腰痛症は腰椎の関節の炎症が原因と言われていますが、特に中年以降に多く発症する腰痛です。

椎間板とは脊椎中に5個ある腰椎を支えている6個の骨のことです。椎間板に含まれる
「軟骨」「滑液包」「靭帯」に障害が起こる事によって発症する腰痛が椎間関節性腰痛症です。

椎間関節性腰痛症では腰痛の痛みが背骨中央寄りに集中して出ることが特徴といわれます。そして腰痛の始まりにはかなりの激痛になる事も多く、腰を曲げることも出来ないくらいの場合もある半面、発症時はそれほど痛くはなかったのに、次第に痛みが強くなることもあります。

また症状としては体が疲れた時などに鈍い腰痛があったり、体を休めると痛みが軽くなったり、比較的軽度の腰痛を繰り返すこともあります。






スポンサードリンク

 <  前の記事 椎間捻挫(ぎっくり腰)は腰痛の一種  |  トップページ  |  次の記事 脊椎すべり症(腰椎すべり症)について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1980

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト