Top >  肩こり、腰痛と頭痛の原因 >  肩こりの原因は血流の悪さ

スポンサードリンク

肩こりの原因は血流の悪さ

肩こり、筋肉のこりは主に運動不足で筋肉の収縮が起こらず、筋肉が次第に硬くなって、血管が圧迫され血液中を流れる血液の流れが悪くなるせいで起きることが多くなります。血液の流れが悪くなると、筋肉にも栄養や酸素が血液に乗って運ばれず、排出されるべき老廃物もたまります。

筋肉に老廃物がたまるとだんだん硬くなって凝りになります。肩こりも例外ではなく、このようなメカニズムで起きているわけです。

人間の頭の重さは結構な重さは大体体重の約8分の1とかなりの重量になりますが、この重みを首から肩甲骨の筋肉や背骨のS字カーブでうまく分散させて支えています。

猫背や不自然で無理な姿勢が続けば、肩や首、背中の骨や筋肉に負担がかかって肩こりや腰痛になりやすくなります。

筋肉が凝ると血液循環が悪くなり、筋肉に酸素が送られず、その結果筋肉に老廃物がたまってしまい肩こりが引き起こされます。






スポンサードリンク

 <  前の記事 偏頭痛は女性に多い?  |  トップページ  |  次の記事 腰痛マッサージはいい!  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1997

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト