Top >  腰痛マッサージ >  腰痛と寝る時の姿勢

スポンサードリンク

腰痛と寝る時の姿勢

腰痛がある時は腰に負担のかかる姿勢は腰痛を悪化させるので出来るだけ避けましょう。眠る時の姿勢も腰痛を悪化させないよう気をつけましょう。

特にうつ伏せ寝は腰に負担がかかって腰痛を悪化させます。また柔らか過ぎる寝具は、肩や足よりも重い胴体がベッドに沈んで腰が曲がった姿勢になり、腰に負担がかかり、腰痛の原因になったり悪化させてしまいます。

腰痛がある場合は、硬いベッドや敷布団にして腰が沈まないようにしましょう。寝るときの姿勢は、横向きになって足とひざの関節を曲げると腰にかかる負担うぇお減らせます。

仰向けで寝ることは腰痛には良くないのでお薦めできませんが、膝の下にクッションや枕を置いてひざを曲げて寝ることで、腰痛になりにくく、腰痛の症状を和らげることができます。仰向けで真っ直ぐに寝ると腰に相当な負担がかかり腰を痛める危険性が高くなるので避けましょう。

腰痛の予防や改善のためにも寝ている間の姿勢に気をつけたいものです。






スポンサードリンク

 <  前の記事 腰痛予防と解消に半身浴が効果的  |  トップページ  |  次の記事 肩こり改善のための入浴の仕方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1986

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト