Top >  マッサージ色々 >  マッサージ

スポンサードリンク

マッサージ

マッサージは紀元前、医学の祖とされるヒポクラテスがその重要性を説いたとされています。ですがマッサージは医学として後世に伝わることは無く、民間療法として発達してきました。

18〜19世紀のヨーロッパで医療体系の一端にマッサージが取り入れられるようになって、日本でも明治時代に軍医・橋本乗晃によってフランスからマッサージ医療を輸入することになりました。

マッサージには静脈・リンパ循環を促進する効果があります。
また運動の前後には筋肉緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられるように、現在、マッサージは医療だけではなく様々な目的で行われるようになりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ヒーリングとは  |  トップページ  |  次の記事 肩こり、腰痛の予防策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/205

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト