Top >  マッサージ色々 >  偏頭痛対策<偏頭痛の予兆症状>

スポンサードリンク

偏頭痛対策<偏頭痛の予兆症状>

偏頭痛は時としてかなりの痛みで日常生活に支障をきたす場合もあるので、できるだけ規則正しい生活をして、アルコールも適度にとどめ、寝過ぎや睡眠不足にならないよう、過労にならないよう気をつけることも大切です。

ストレスを抱えたりすることも誘引のひとつです。また緊張やストレスのあと問題が解決して安心した途端に偏頭痛が起きることもあります。

また人の多い場所やまぶしいライト、騒音など、要するに目や耳に強い刺激を与えすぎることによっても偏頭痛を起こす危険もあるということですので気をつけましょう。

偏頭痛が起きた場合は、頭の痛む部分を冷たいタオルなどを当てて横になって安静にします。光や音によって痛みが増すこともあるので、部屋を暗くしてりラックスできるようにしましょう。

片頭痛持ちの人のなかには、頭痛が起こる前に予兆や前兆と呼ばれる前ぶれがあると言われています。予兆が起きたら早めに薬を飲むなどの対処をして偏頭痛の予防をすることもできます。

偏頭痛の予兆としては、首や肩の凝り、めまい、情緒不安定になる、不快な気分になる、生あくび、眠気、食欲増進、甘いものが食べたくなる、排尿困難、体のむくむ、閃輝暗点(視界に星のようなものがチカチカして見える現象)などがあります。このような予兆が現れたら偏頭痛が始まる予兆かもしれませんので気をつけましょう。






スポンサードリンク

 <  前の記事 偏頭痛の特徴とは?  |  トップページ  |  次の記事 頭痛の種類について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/1967

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「肩こり、腰痛に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

肩こり、腰痛に・・・イメージ
  • パルコのファッション通販サイト

カテゴリー

お薦めサイト

更新履歴

お薦めサイト